ちょっとした変化があなたを豊かに、リフォームでマイホームレヴォリューション

リフォームには部屋内の各種調度品小物も含まれます

リフォームのトータリティを小物で演出

大きく部屋を、新しいカラーで塗り変えて、気分一新されたとします。
でも、中にある家具、調度品が、そのままではあまり変わり映えしないかもしれない。いやいままでは自分に馴染んでいたと思われたそれらの品々が、新しい部屋のカラーに不調和に感じられたりもするかもしれません。
達成感のあるリフォームには、トータリティを感じる調度品のリフォームも肝心です。

また、すこし大がかりな壁の張替え等の施工が困難なかたなら、部屋内のちょっとした模様替えで、居住環境の改善やデザイン変更になるのなら、それをリフォームと呼んで構わないと思います。
例えばふすまとか、床の敷物、デスクや椅子に貼るフィルムシートとか。
DIYセンターやホームセンターに行けば、現在そのような素材は驚くほど多彩にあります。

リフォームのアフターケアも必要

住居は永続的なものです。そしてリフォームされた各パーツもまた永い居住に耐えなければなりませんが、劣化も避けられませんから、当然ながらアフターケアも必要になります。
壁や床や床の資材が変化すれば、それに合ったケア製品、あるいは補強が必要になります。
例えば、素材にあったクリーナー、掃除用品。あるいはカビ止め、防水スプレー等。
これも、リフォーム資材と一緒に製品の説明書にある適合資材を確認して、購入することがいいでしょう。
現在は、ほんとうに様々な用途に応じたリフォーム資材が売られています。
各種素材に適合した用途に応じたアフターケアが必要です。
マイリフォームを完成させるために、また新たな生活環境の中でより良い人生をつかむためのも。


この記事をシェアする
TOPへ戻る